ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

すーぱーストれいさんフォー

タイトルわけが分からない事になってますね。w
すーぱーストれいさんフォー
すーぱーなストリートファイターのゼロシリーズから三人描きました、ふぉーってな感じのタイトルです。

ろーず、だん、さくら、となります。

チビろーず

チビだん

チビさくら

といわけで、変なタイトルになりましたが、ゼロシリーズから、今回三人です。
4キャラいなかったので、これはDLCとして追加フラグだと信じてますよ。w
かりんが来ます、多分。

で、ゼロシリーズ登場したこの3キャラ、ある意味みんな面白いです。
ローズはリサリサです。w
リサリサはJOJOの奇妙な冒険第2部のキャラクターで、マフラーを使った姿が特徴的なキャラクターでした。
ローズもマフラーを使います。
キャラクターグラフィックを見た時に、リサリサじゃん!ってなりました。w
カプコンはJOJO好きですな。w
で、リサリサは原作で50歳を超える年齢なのに、見た目は20代後半、30代前半くらいで通用する綺麗なキャラでした。(全ジョジョの中で一番美人じゃない?)
ローズはいったい何歳なんだろう・・・ベガと絡みがあるみたいなので、けっこう歳いってそうなんですが。
あと、どーでもいいんですが、絵を描くのに苦労した・・・
情報量が多かったです。
変な髪形とか、でかいマフラーとか、タロットカード持ってるとか、ポーズもメンドイ。w

ダンはあれです。
SNKのリョウとロバートを足して2で割って、ネタキャラ分をふんだんに盛り込んだ面白キャラですね。w
格闘ゲームメーカーとして名前を売っていたカプコンとSNKの架け橋というか、けん制キャラというか。
同じ大阪が拠点のソフトメーカーでしたから、開発陣の仲は良かったのかな~?
どうなんだろう。
最初見た時は、いいのか?!これ?wって思いましたよ。
SNK側もデモ画面にガイルとしか見れないキャラクター使ったりしてましたし、お互い面白がってたのかな。
何か不穏な空気をまとったキャラクターでしたが、世に出てからは、その駄目性能と面白キャラクター性でしっかりとした地位を確立していましたね。
サガットの眼を潰したのが、ダンの親父だったりとか、後から色々な設定を加えてもらって、いつの間にかすっかりストリートファイターシリーズおなじみのキャラクターに育っていました。

サクラは~隆の追っかけ、以上。ってな感じです。
やっぱりカリンがいないと立ち位置が面白くならないんだよな~
隆の追っかけやってて、ダンの弟子(勝手に)されてるって程度の存在になってしまう。
ライバルキャラがやっぱり必要だよな~
つーわけで、DLCでカリン。
決まりです。w
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ダン~w
ダンて一応リュとケンの兄弟子なのに扱いがあんまりですよね・・w面識がないせいか絡みもないですし
ストゼロで初登場したときは今ほどギャグキャラじゃなかったですよね?それがいまじゃ・・

カリンが出てきとときはちょいとびっくりしました
マンガのキャラが逆輸入?されるなんて、
真昇竜や殺意リュウもゲームに反映させるスタッフの遊び心が素敵です♪
一撃必殺風の拳も出して欲しかったw
そいえばVSシリーズの憲磨呂も全然出てきませんねー

みや | URL | 2010年06月23日(Wed)21:10 [EDIT]


是非ローズ様を是非リアルで描いていただきたいです!
熟女万歳!(>_<)
ってキャラ全然知りませんけど…(-_-;)

漫画があったのですね。
本当に私が知っているのはさわりだけですね。
今度カピーに聞いてみます。
(知ってるかなぁ~?)

トモ | URL | 2010年06月23日(Wed)21:22 [EDIT]


>みやさん
ダンの最初のイラストは何か顔に影がかかっていて、ちょっとカッコイイくらいの印象で、性能は~って感じだったのに、今は完全ギャグキャラですもんね。
このビジュアルだったので、一回限りのキャラかな~なんて思っていたのですがね。w
色々と設定が加わってリュウケンの兄弟子ですもんね~、不遇ですが。w

カプコンの柔軟な思考には感心させられますね。
こだわりを持ったうえで、新しい要素も取り入れてくれて、ユーザーを喜ばせてくれます。
風の拳もいつかゲームに登場するときがきますかね~
相手を傷つける事を目的とした技じゃないので、表現が難しそうですが、カプコンなら最高の演出を用意してくれるかな。
憲麻呂は~w
さすがにもう出てこれないのかな~?
海外のVSではいないんですよね、実は。
誰も知らないようなキャラが、スパイダーマンとかを倒すのは許されないと、マーベルが許可しなかったとか・・・

>トモさん
頭身あげたローズさんですか。
あ~う~え~、頑張ってみます。w

ストⅡは人気がありましたので、映画になったり、アニメになったり、漫画になったり、と色々やっていました。
シリーズもストⅡ、ストゼロ、ストⅢと色々ありますし、スピンオフ的な物もあり、世界観はどんどん広がっています。
ゲームを遊ぶだけじゃあき足らず、こういうのを追うのも楽しかったりするんです。(その昔、謎本とかも出てました。w)

ぬん | URL | 2010年06月24日(Thu)23:48 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。