ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本の将来

日曜日に衆議院選挙が行われ、その結果として小泉(自民党)が圧勝したわけであります。しかし…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050913-00000115-yom-pol

自民党が勝つという事は世の中の流れとして、ある程度予想がつくものであったといえるでしょうが、ここまでの圧勝、公明党と合わせて3分の2以上の議席を獲得してしまうとは想定外では、なかったのでしょうか。

衆議院の議席数として3分の2を占めてしまうという事は法律を自由に作り上げる事が出来る権力を与えてしまったという事になります。
違憲立法審査権が裁判所にあるとはいえ、日本の裁判所は法律自体を直接違憲だとして判断を下す事は出来ないと解釈でされています。
具体的な事件と並行しないと審議が出来ないという事です。
悪法が作り上げられても、一度世に出て問題化しなくてはならないという事です。
怖くないですか…
また、憲法の問題も上げられるでしょう。
憲法改正の発議は総議員の3分の2以上の賛成があって執り行われます。
その後、国民に憲法改正について審査が与えられる事になるとはいえ、国がやりたいように、自民党がやりたいように憲法を作り上げて世の中に流す事が出来るようになってしまったという事です。
で、ここで国民に判断が委ねられる事になるのですが、小泉首相がまた声を荒げて「日本の憲法9条には限界が来ている。日本は国際貢献の名の下に有事における集団的自衛権を行使出来る憲法に改正する時期が来たのだ!!」とか言って戦争肯定憲法に改正しようとした時にきちんと自分で吟味できる力量が自分達にあるのか不安になります。
今回の選挙も小泉首相は既得権をぶっ壊せと言い国民の支持を得ました。
既得権が何であったのか、理解している人いますか?
自分は解りませんでした。
有事における集団的自衛に戦力として自衛隊が武力を持って相手を制圧する事が戦争に当たらないと思いますか?
と言うより、そもそも日本には武力は存在していないと言えますか。
自分には判断がつきません。
怖くないですか…

民主的選挙を経て権力を与えてしまったという事は、権力を与えた自分達に責任がある事になります。
権力に指示を受けて自分達が生活しているという事を忘れずに生きていかなければ、知識を持って判断をしていかなければ最後に責任を問われるのは首相ではなく、自分達なんです…
20050915023849.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。