ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミスし過ぎ

これはありえないミスです。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060913&a=20060913-00000044-ism-spo

スポーツの世界で誤審が色々と取りざたされる昨今ですが、これはありえないですよね~
いくらなんでも酷すぎますよ。
何でボールボーイが入れたボールがゴールの対象になるんでしょうか?
この審判は何と勘違いしたんでしょう。
日曜にTVでこの誤審の瞬間の映像を見る事が出来たんですが、ありえ無過ぎて何でこれをゴールと判定したのかも分かりません。
流れとしては、
1.シュートを打たれる。
2.向かってゴール右を転がってラインをわる。
3.ボールボーイがボール持って何故かゴールポストの方にボールを持ってくる。
4.何故かキーパーにボールを渡さずに地面にボールを置き、軽くゴールの中に蹴り込む。
5.ボールは当然ゴールの中に。
6.審判「ゴール!!」
7.場内騒然?!
このボールボーイの行動も謎過ぎですが…
一度ゴールを決めてみたかったんですかね?
それにしても、多分二度と見る事が出来ないボールボーイのゴールシーンでした。
こういう得点てキーパーの失点記録とかに残るんでしょうかね?
そしたら面白いですよね。
今日の試合、失点記録1点、相手ボールボーイ。w
本当にありえないな~

20060919224630.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まだ実際の映像は見たこと無いですが、説明を見ただけで爆笑しましたw

あれですねボールボーイは一生に記録に残ることがしたくてシュートを打ち、審判はノリでゴールを言った。

まあ、ありえませんが。

その審判は生きて帰れたのだろうかw

ごりヒゲ | URL | 2006年09月20日(Wed)02:54 [EDIT]


むしろ漫画の方に……

興味が行ってしまったんですが。

眠いと本当とんでもないミスをしますからねぇ。

空木秀隆 | URL | 2006年09月20日(Wed)20:12 [EDIT]


ミスミス

>ごりヒゲさん
やっぱりボールボーイは自分の記憶に残る瞬間を作りたかったんですかね~w
記憶どころか、世界中に配信されてしまいましたが…
多分試合後、めちゃくちゃ怒られる事になったでしょう、審判と一緒に。w

>空木秀隆さん
自分はのび太の生まれ変わりなのかと思うほど、いつも眠い人間なんで、ミスが多いです…
インクこぼしたとか、乾く前に消しゴムかけてしまったとか、指が一本多いとか、手がJ・ガイルになってるとか…
手とか、体にインクが付く分にはいいんですが、服に付くと落ちなくて困ります。

ぬまぼう | URL | 2006年09月21日(Thu)01:46 [EDIT]


ただいま帰りました!

ぬま様、お変わりないでしょうか?(*^_^*)
無事戻ってまいりました。

このニュース見ましたよ~!明らかにダメじゃん(笑)みたいな。
こんなのでいいならいろいろしようとする人が増えるのではないでしょうか。
まじめにプレイしている選手がかわいそうです。

ちなみに私がした最近のミスは、スキャナのご機嫌伺いを怠ったことですね…(T_T)
見事に壊れてしまいました。
これから4コマ原稿どうしよう…(涙)

トモ | URL | 2006年09月25日(Mon)15:57 [EDIT]


復帰ですね。w

>トモさん
お久しぶりです。
ちょっとこの頃、更新ペースがランダムな、ぬまぼうです。w

真面目にプレイしている選手達は、こんな審判に当ってしまって本当に不運でしたよね。w
プレイを見てジャッジをくださなきゃいけない人がいいかげんな事をしているようでは困ります。
点を獲得できたチームの方はラッキーだったかもしれませんが。w

スキャナーが壊れてしまいましたか!
原稿をとりこめなくて大変ですね。
う~ん、暫くはデジカメ撮り?でどうですかね?
デジタル彩色出来なくなってしまいますが…
ふちさんの様にアナログ塗りするとか!
あまりお勧めできませんが、一発気合の一撃をかましてやるとか…w
自分のMDが死に掛けていた時、イライラして床に叩き付けたら何故かその後快調に動いています。w
自分の気合がMDにも伝わった!と信じていますが…
やはりあまりお勧めできないですね。w
止めの一撃になることの方が多いでしょうし…

ぬまぼう | URL | 2006年09月26日(Tue)00:50 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。