ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

助けるという心

窮地に追いたてられた人を助けるという行為には宗教を超えたものが存在したという事ですね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050904k0000e030013000c.html

色々な所で宗教という信仰対象を争い、宗教という名で戦争が行なわれ人が殺されています。
その中で、自分の宗教という枠を超えて死に直面した人を助けるなんて、とても凄いことだと思います。
人という生物の本性について性悪説、性善説と分かれていますが、人には、この様な自己犠牲を伴ってまで人を助けるという部分があるのですから人間は性善の性質を持っていて、環境というものが人を悪にも傾けてしまうんだと思いたいです。
で、自分がよく思う事は、宗教は善をもたらすものなのか、悪をもたらすものなのか、神という存在は人を惑わしているだけなんじゃないのかという事があるんです。
自分の信仰とは異なるものを認めない、排除する。
この様な考えが、宗教にはもたらされる危険性があるんだと思うんですけど。
20050907235819.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。