ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伝えたい事、伝わった事

これは賛否両論が当たり前だと思いますよ、やっぱり。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060502-00000068-jij-int

う~ん、どうなんだろう。
有りなのか、無しなのか…
ドキュメンタリー系の映画になるんでしょうけど、どうなんでしょうね~
扱っているテーマ自体が非常に個人的かつデリケートな問題なので判断は難しいでしょうね。
死というものをどう伝えるべきなのか。

日本でも(これはフィクションですが)一時期バトルロワイヤルという中学生同士の殺し合いを描いた映画が中学生に見せるべきか、見せないべきかR-15指定にするか、しないかで議論が起きていました。
今回のこの映画だと実際に起きている現実なので人に与えるショックはフィクションの比ではないとは思うんですけど…

死という事を軽々しく扱っているとみられたら見ない方が良いという流れになるでしょうし、死というものが残す悲しさが伝わるなら見ても良いという方向になるでしょう。

どうでしょうね~
一つ思うのは何かを見た時感じた時に、それを他の人と語る事が大事だと思うんです。
この映画にしろ何にしろ、一つの問題点を浮き彫りにするものを見た。
そこから何を感じたのか、周りはどう思っているのか。
ショッキングなものを体験しても、それを溜め込まずに外に出してみる事で変わる事があると思います。

20060504012824.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これって本当に…?

ど、どういう事なのでしょうか。本当に撮影したのですか?
演技ではなくて??

トモ | URL | 2006年05月04日(Thu)22:57 [EDIT]


どうやら

定点カメラを設置して撮ってたようですね。
演技ではなくて現実に人が亡くなっているようです。
人に与えるショックは物凄いでしょうね。
映像とはいえ実際に人が飛び込む瞬間を撮影してあるんですから。
しかも、23人も…
自殺というものを考えさせるには教材となるかもしれませんが、あまりにもショックが大き過ぎて逆に心配にもなると思います。

富士の樹海も自殺の名所という事で自殺を踏み止まらせる為の立て看板があったりしますが、この場所も似た感じのところなのかもしれません。
死というテーマは現実感が強ければ強いほど人にショックを与えるので、これは答えを出すのは難しいでしょうね。

PS
遅まきながらリンクをはらせていただきました。
これからもお邪魔しますと思いますが、その時はどうぞよろしくお願いします。

ぬまぼう | URL | 2006年05月05日(Fri)22:14 [EDIT]


実際に、でしたか…

それは放映してもよろしいのでしょうか…(+_+)
なんだか怖いです。
バトロワは、勇気づけられた作品なんですよね、実は。
なのでこの映画も人の励みになれば良いのですが…。

リンクありがとうございますvこれからもよろしくお願いしますね☆

トモ | URL | 2006年05月06日(Sat)16:24 [EDIT]


確かに怖いです。

現実問題として人が亡くなっている事を考えると…
放映…ありか、なしか…
ノンフィクションだからな~
本当、賛否両論で答えが出しにくいです。

製作者としては受け手がどの様に感じるのかは投げっぱなしの部分が大きいですから、トモさんの様に励みになったり、プラスの方向で何かを感じてくれると作り手としても作ったかいがあったという事になりますね。

こちらこそ、よろしくお願いします。

ぬまぼう | URL | 2006年05月07日(Sun)02:45 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。