ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

UC ep2 追加

UCep1のときも気に入ったシーンを撮って載せたから今回もやってみた。
色々とわけが分からない物も入っています。w

6109106_852215509_116large.jpg
ep2の目玉、仮面の男。
ラプラスの箱の存在も重要なファクターですが、この人の正体も気になるところです。

6109106_852215456_108large.jpg
6109106_852215410_8large.jpg
旧型モビルスーツ達。
GM系で一番好きなGMⅢ
GMッぽい形を維持しつつ、何か妙に強そうなんだ。w
アイザック。
プラモのボックスアートが良い出来だったような。

6109106_852215397_4large.jpg
6109106_852215380_231large.jpg
美味しそうな食事と、不味そうな食事。
こういう対比が出てくると、それぞれが置かれている状況の差にドラマが感じられるんだよな~
食べるなら絶対上が良い。w

6109106_852215416_98large.jpg
UC系のガンダムで幾度と無く語られるスペースノイドとアースノイドの確執。
語られているテーマは重いものだったのですが、マリーダさんに救われました。w
家族との食事は良いものです。
このシーンがしっかり入ったことで、ep3への繋ぎの台詞の重みが増します。

次は3月、3月。
3月~

スポンサーサイト

PageTop

ガンダムUC エピソード2

エピソード2 赤い彗星。

エピソード2の見所は、やっぱりフル・フロンタルが登場することでしょうね。
圧倒的な力でネェルアーガマを凹にします。w
的確な射撃で戦力をどんどんと削り取られる。
UCのスピード感あふれる戦闘シーンもまた良い。
複雑に絡むそれぞれの思惑と、一刻一刻流れ続け待ってくれない状況。
2巻も最高に面白かったです。
またギルボア家での食事のシーンのご飯が美味しそうだった。w
パエリア、ラザニア、生ハムとオリーブとか。
その後に出てくるアーガマの食事の簡素な感じと対比されてね~
やっぱりご飯は家族と食べたいな~なんて思ってしまった。
それと、3巻へのつなぎがもう…
3巻がいまから、もう楽しみでしょうがない。w
今回は次巻の発売日がもう決まっているようなので、1巻を見た後みたく次はいつなんだ~と悩まなくて済みます。w
3月5日それまで1巻と2巻で食いつなぎますよ。

6109106_850829995_156large.jpg

6109106_850830111_94large.jpg

それと、ちょっと話がずれるのですが、ビームマグナムの効果音。
EXVS…
家庭用では修正して下さいよ、バンダイナムコさん。
お願いします。
カシュンカシュンじゃ、悲しい音ですよ。
FA-ZZのダブルビームライフルの音もね。
ガンダムの音を使い回しじゃ、気分が入りきらないじゃんね。
Zもね。
つーか、原作とあまりにもかけ離れている音は修正して下さい。
じゃないとカミーユに殴られます。w

PageTop

鉄拳は仲の悪いもの同士が楽しい。

鉄拳タッグトーナメント
鉄拳4作目はちょっと趣向が変わって、2ON2で戦う、タッグ制を取り入れたゲームになりました。
これがまた面白い。
鉄拳というゲームの特徴として、連続技を叩き込むのが面白いっていうのがあるのですが、タッグ制になったことにより、よりテクニカルかつカッコイイ連続技を入れられるようになりました。
また、交代して連続技をいれることにより、体力が回復出来ないダメージを与えることが出来ると、ゲーム的にもしっかりシステムに入れ込み、テクニカルなことをする意味を与えているところがゲームの完成度を高いものにしていました。
鉄拳は操作できるキャラクター数が多く、その分似た様な技を使うキャラクターも多く、一つのキャラクターを使えれば、二キャラ目も何となく使えるという敷居の低さも良かったです。
何となく使っているうちに、それぞれのキャラクターの違いが分かってきて、より深く操作してみたくなるっていう段階を踏めるのも、人気になった理由でしょう。







アーケードの方では鉄拳3をベースに開発された為、グラフィックは鉄拳3と対して変わってなかったのですが、家庭用に移植された際には、PSからプラットフォームをPS2に移して、グラフィックがぐっと上がった事が印象的でした。
また、やはり家庭用の鉄拳といえば、面白いエンディング。
鉄拳TTもやっぱりエンディングが面白いです。w

鉄拳TT

イラストは、嫌々ながらもタッグを組む一八と平八にしてみました。
そういえば、仲の悪いもの同士がタッグを組むとパートナーが怒ってくれないっていうシステムもありました。w
タッグトーナメントは待機中のキャラクターがだんだん体力が回復していくのと、戦っているキャラクターの方の体力が減ってくると、交代して出てくる際にパートナーの攻撃力が一定時間上がるというシステムがあったのですが、一八と平八、ニーナとアンナなど、仲が悪いライバルどうして組むと、パートナーがボコボコになっても何の恩恵も受けられないというのもあったのです。w
キャラクター同士の人間関係も感じられて面白かったです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。