ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鉄拳が人気ゲームになった

鉄拳3
鉄拳も3作目。
この鉄拳3で、ついに鉄拳が人気ゲームになった感じです。w
鉄拳3は本当に出来が良くなりました。
この鉄拳3でシステムに軸移動が追加され、3D格闘ゲームが真の意味を持ったと言えるでしょう。
今までは3Dポリゴンと言えども、擬似的に奥行きを表現するだけで、自ら能動的に画面の奥・手前に移動できるキャラクターはほとんどいませんでした。
しかし、この鉄拳3によって軸移動が加わり全てのキャラクターが3次元の動きを手に入れました。
奥移動・手前移動により、間合いの取り方が凄く見栄えするようになり、ただキャラクターを動かしているだけで凄く楽しかったです。

キャラクターグラフィックスも1から比べると…
これは本当に同じゲーム機で表現されているものなのか?って思うぐらいの進化っぷり。w
CGのクオリティーの上がり方がはんぱないです。
1・2・3といったいどれだけ進化したか以下の動画を見て驚いて下さい。w



ん~、本当に今見ても凄い出来。
タイガージャクソン、かっけぇな~w


で、鉄拳3イラストはポール・フェニックスと風間仁。

鉄拳3

軸移動が加わったことが鉄拳3最大のポイントだと思うので、軸移動しているっぽいイラストにしました。
奥に手前に攻撃を避けて、反撃を叩き込めたときはしてやったり!wって思います。
あと、鉄拳3と言えば、ストーリーが前作から一気に19年も流れた事にびっくりさせられました。
19年も経ったら、既存のキャラクター達は引退しているのかと思いきや…
ほとんど元気に現役続行!w
コールドスリープで眠らされていたり、息子が出てきたり、元から人間じゃ無かったりwとなんの問題もありませんでした。
逆にポールなんて渋くて若かった時より数段カッコイイし。w
キャラクターの面々が年を取り、主人公も極悪主人公一八、諸悪の根源平八、から割と正統派っぽい風間仁に移り、爽やかな格ゲーになるのかと思いきや…
ムービーのとおり、祖父平八に銃撃されるわ、ヘリからポイ捨てされるわで、散々な目にあいます。w
鉄拳のエンディングは面白いものが多いですけど、シャオユウのエンディングは既存のシリーズの中でも秀逸です。
平八ランドとか、見た時は笑いました。w
このエンディングの平八の笑顔が本当に好きです。
シリアスエンドのムービーとのギャップがまた笑いを誘います。w
鉄拳3はシリーズ1・2を争う出来だと思います。

スポンサーサイト

PageTop

鉄拳2 伝統の始まり

鉄拳2
鉄拳のお約束が確立したと言える作品だと思います。w
三島家の極悪っぷりとか、エンディングでどこかに捨てるとか。w
鉄拳1から2への進化っぷりは凄いものがありました。
鉄拳1が粘土細工、鉄拳2はプラモデルって感じです。
?ちょっと例えが分かりづらいな。w
まぁ、どのくらい進化したかは、以下の動画を見ていただければ分かるでしょう。



鉄拳シリーズって音楽がかなり良いんですよ。
この2でもオープニングの音楽とかかなり好きです。
ステージの音楽も良いのが揃っています。

で、鉄拳2と言えば、今でも語り草になるほどの一八エンディングでしょう。
上の動画の最後に入っているのですが、最初見たときは、もうそれは大爆笑でした。w
あまりに衝撃的で、あまりに酷く、物凄く笑える。w
格闘ゲーム史上もっとも極悪主人公一八が誕生した瞬間であると思います。w
デビル化とか、三島の血とか、後のシリーズの核となるキーワードが生まれたのが、この鉄拳2からなので、鉄拳の根幹を作り出した偉大な作品でしょう。

鉄拳2

鉄拳2という事で、1でラスボスだったのに、一八に負けて主人公に降格?となった平八と、一八の変身した姿であるデビル一八です。
禿げたサリーちゃんのパパの髪型をしたおっさんが主人公というとんでも設定がまた面白い。w
今回は白黒だとデビル一八の雰囲気が半端なく悪かったので、四苦八苦しながら色を塗りました。
・・・
むさい・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。