ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見えた!!

この世の中、霊感のある人にはどのような世界が見えているのでしょうか。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050927k0000m040063000c.html

霊感のある人はホラー映画に出てくるようなお化けを見ているのでしょうか?
そんな物を四六時中見ていたら気分が悪くなってしょうがないと思うんですけど。
お化けのイメージって決して良いモノではありませんからね。
怪我をしていたり、血を流していたりと痛々しいイメージが付いて離れません。
しかも悪霊なんて付いていたら最悪じゃないですか。
そんな物見たくありません。

でも、霊感がある人たちは良いですよね。
一般の人が見る事が出来ないものを見えますって言ってればいいんですから。
霊がいるなんて証明のしようが無いじゃないですか。(今のところ)
その証明のしようが無いものでお金を取るんですからね。

病は気から、信じる人は救われる。
まあ、色々言われますが、見えないモノにすがるのは最終手段にしたいものです。

とは言うものの霊の存在は信じています。

20050928234442.jpg

スポンサーサイト

PageTop

幼児虐待

幼児虐待の様な抵抗も出来ない相手への傷害行為は大変重い罪だと思います。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050924k0000m040133000c.html

この頃日本の社会で幼児虐待の様な抵抗出来ない相手への加害行為が増加していると感じます。
育児の疲れからつい子供に過剰に折檻を与えてしまう、育児方法が分からずに虐待になってしまっている、または躾と称して自己の加害行為を正当化しようとする親。
様々な形態が存在していると思いますが、一つ言える事は子供は子供の限界があるという事です。

よく子供が言う事を聞かなかったから(この場合自分、の意に反したから)、子供が泣き止まなかったから、懐かなかったから暴力を振るった等という事を聞きますが、生後数ヶ月の赤ん坊が自分の言葉を理解して、泣き止めと言ったら泣き止むのですか?寄生獣じゃないんですから、そんな教育は無理です。
懐かなかったから暴力を振るったとかなんて愚の骨頂です。
暴力を振るう相手に喜んで付いて行きますか。

育児の疲れから暴力を振るってしまう、育児の良い方法が分からない。
この様な場合は祖父母、親、兄弟、友達、近所、八百屋のおばちゃんでも、魚屋のおばちゃんでも、肉屋でも本当に誰でもいいから相談する事が一番大事だと思います。
解決する方法は必ずあるものです。
抵抗出来ない者に暴力を振るってしまう事はちょっと加減を間違えただけで、ちょっと打ち所を間違えただけで大変な障害が残る可能性を多分にはらんでいる事を忘れないようにして下さい。
揺さ振られっ子症候群もこの事をよく現していると思います。
首がまだ安定していない子供の首を振るだけで、障害が残ってしまう可能性だってある、死んでしまう可能性さえあるのですから。

大人だって首の力を抜いて頭をぐるぐる回してたり、揺すったりするだけでかなり気分悪くなりますよ。
20050926213413.jpg

PageTop

贋モノのという存在

贋モノがこのところ色々と騒がれています。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050920k0000e040071000c.html

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050923k0000m040169000c.html

のまねこ騒動も既存のキャラクター(2CHのモナー等)に酷似している事が問題とされました。
著作権を巡る問題は様々な問題をはらんでいます。
著作者側がキャラクターのイメージを維持したいと考えている場合とか・・・
ネットと言う表現媒体が出来た事によって自分が有するイメージを簡単に世の中に発表する事が出来るようになりました。
友達をおちょくってみたり、既存のキャラクターをいじってみたり、またはキャラクターそのものを掲載したり。
作った人、いじった人、便乗しようと思った人そこには様々な表現が存在しています。

自分も表現をしていきたい、創造をしていきたいと思っている人間なので著作物に関する問題は、これからも考えていきたいです。

追伸・モリゾーとキッコロより、キリゾーとモッコロの方が可愛い様な気もしないでもない。
20050924024943.jpg

PageTop

暴力的表現と規制

神奈川県のGTA3に対する規制から端を発した年齢制限が本格的に動き出したようです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gameshow2005/news/20050920org00m300083000c.html

各メーカがソフトに対して年齢制限を設けることが当たり前の時代がこれから来るようです。
自分は当然の成り行きなのではないかと思っています。
一つ前の記事の内容でも触れたのですが、昨今のゲーム機はとても表現能力が上がってきて画面の中の映像を人と認識してもおかしくないぐらいにグラフィックが向上しています。
ゲームは往々にして、その中の人物が様々な手段を使って敵をやっつけていくのです。
やっつける方法にはそのゲームの内容にあった方法が取られていくわけです。
戦争のゲームなら人が人を様々な方法でやっつける(殺していく)事になるのですから、その様な映像が無秩序に流される事は、影響力を考えれば規制、自粛をする事が必要になるでしょう。
映像の力というものはとても強い影響力を持っているのですから。

小さい頃に見た映像を鮮明に覚えている事って間違いなくあると思うのですよ。
それが刺激の強い映像だと一生忘れられないものになるでしょう。
自分は小学校低学年の頃に見た映画の立て看板を覚えています。
それはホラー映画である13日の金曜日の立て看板でした。
ホラー映画の立て看板がその頃の自分にはとても恐ろしい物に見えました。
ホッケーマスクを被った殺人鬼が本当にいると思っていたと思います。
たかが立て看板一つでも判断能力に乏しい段階の子には恐怖の対象であるし、また恐怖の対象があるが故に興味の対象でもあったわけです。
それがテレビの画面の中で動き、また自分で動かせたらその影響力は計り知れないものになると思います。
よって、この規制への動きは当然のものであるでしょう。

ただ、よく低年齢者が猟奇的な犯罪を犯してしまった時に暴力的なゲームをやっていたから、暴力的な漫画を見ていたから犯罪を犯したんだという様な批評を耳にします。
それは一つの要因である事は間違い無いのではないかとは思いますが、
それが原因ではないという事を忘れて欲しくありません。

ちなみに、13日の金曜日シリーズは全部見てますし、エルム街の悪夢も全部見るなど、ホラー映画好きになってたりします。
ちゃんと現実と幻想の分別つけられますよ。
20050922035104.jpg

PageTop

これからのゲーム機

先日行われたゲームショウで×箱○の値段も発表されたみたいで、次世代機戦争が本格的になってきました。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gameshow2005/news/20050916org00m300010000c.html

ついに次世代機の話題が本格的になってきました。
マイクロソフトの×□○(エックスボックス360って記号化するとこうなるよね。)
ソニーのPS3(プレステのコントローラーは○×△□ですね。)
任天堂のレボリューション(先日コントローラーが発表されました。リモコン?)
この3つの対決になるようですが、任天堂は別路線で勝負を挑むみたいなので、当面は方向性が似ている×箱○とPS3の対決になるでしょう。
そこで消費者として気になるのが、次世代機の能力で一体何を作ってくれるのかという事です。
次世代機になると更に表現能力が増し、リアルなゲームが作れると謳っているところが×箱○とPS3なんですが、この表現能力を使って、これでしか出来ないものを作り上げなきゃいけないんだと思うんですよ。
だからこそ、次の機体が必要になるというところまできてもらわないと次世代機として何が必要になってるのかが解らなくなってしまいますから。
で、問題はただ画面が綺麗なだけなゲームはゲームとして何か間違っているのではないかという事です。
ただ画面が綺麗になってるというだけで、ゲームとしては何の進歩もしていないもの、そんなゲームが増えてしまうのではないかと。
PSからPS2へ移るとき、そんな事を友達と話していました。
結果としてはアーマードコア(AC)の様に表現能力が増した事によってミサイルの軌道や、敵機が見易くなり、本当にロボットで戦闘している様な臨場感が生まれて、PS2でなきゃ出来なかったことだろうなと思えるゲームもありました。(3Dロボットゲームは確実に面白くなった。)
が、ただ画面が綺麗になっていくだけでやってる事が変わらないし、画面が綺麗になってるだけのメリットも感じないゲームも増えてると感じました。
次世代機はどうなるんでしょうか。
ただ画面が綺麗になったとかいう事がゲームの面白さでない事は間違いありません。
次世代機の能力があってこそ、これでしか出来ませんでした。
その表現できた部分がこのゲームの面白さの肝なんですよと言える物を待っています。
20050920011034.jpg

PageTop

細菌殺人

殺人請負サイトなんて信じるんですかね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050914-00000112-yom-soci

殺人を依頼するなんて随分と頭が逝ってしまっている人ですけど、漫画の中の話とごっちゃになってるんですかね。
殺人を依頼して、実践してくれるような人がそこら辺にいるわけないじゃないですか。
ゴルゴぐらい頼むのも困難な人がいたら本物かもしれません。(自分も相当馬鹿だな。)
あほな話ですね。
しかも1500万円も支払ってしまったっていうんですから。
そんなに金があったら他の男でも探した方がよっぽど良いじゃないですか。
まあ、そのような判断能力さえ失ってしまっている人が、こんな事件を起こしてしまうんでしょうけど。
すれ違いざまに細菌を振りかける事を計画していたなんて書いてありますけど、どんな細菌をかけるつもりだったんでしょうかね。

すれ違いざまにかけるはかけるでもこんな事件もありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050916-00000515-yom-soci

変な人がいるもんです。
20050918003822.jpg

PageTop

日本の将来

日曜日に衆議院選挙が行われ、その結果として小泉(自民党)が圧勝したわけであります。しかし…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050913-00000115-yom-pol

自民党が勝つという事は世の中の流れとして、ある程度予想がつくものであったといえるでしょうが、ここまでの圧勝、公明党と合わせて3分の2以上の議席を獲得してしまうとは想定外では、なかったのでしょうか。

衆議院の議席数として3分の2を占めてしまうという事は法律を自由に作り上げる事が出来る権力を与えてしまったという事になります。
違憲立法審査権が裁判所にあるとはいえ、日本の裁判所は法律自体を直接違憲だとして判断を下す事は出来ないと解釈でされています。
具体的な事件と並行しないと審議が出来ないという事です。
悪法が作り上げられても、一度世に出て問題化しなくてはならないという事です。
怖くないですか…
また、憲法の問題も上げられるでしょう。
憲法改正の発議は総議員の3分の2以上の賛成があって執り行われます。
その後、国民に憲法改正について審査が与えられる事になるとはいえ、国がやりたいように、自民党がやりたいように憲法を作り上げて世の中に流す事が出来るようになってしまったという事です。
で、ここで国民に判断が委ねられる事になるのですが、小泉首相がまた声を荒げて「日本の憲法9条には限界が来ている。日本は国際貢献の名の下に有事における集団的自衛権を行使出来る憲法に改正する時期が来たのだ!!」とか言って戦争肯定憲法に改正しようとした時にきちんと自分で吟味できる力量が自分達にあるのか不安になります。
今回の選挙も小泉首相は既得権をぶっ壊せと言い国民の支持を得ました。
既得権が何であったのか、理解している人いますか?
自分は解りませんでした。
有事における集団的自衛に戦力として自衛隊が武力を持って相手を制圧する事が戦争に当たらないと思いますか?
と言うより、そもそも日本には武力は存在していないと言えますか。
自分には判断がつきません。
怖くないですか…

民主的選挙を経て権力を与えてしまったという事は、権力を与えた自分達に責任がある事になります。
権力に指示を受けて自分達が生活しているという事を忘れずに生きていかなければ、知識を持って判断をしていかなければ最後に責任を問われるのは首相ではなく、自分達なんです…
20050915023849.jpg

PageTop

日本の煩悩

日本の芸能って訳分からないものを作りますよね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20050907spn00m200008000c.html

108の煩悩って言いますけど、108個も煩悩ってあるのでしょうか。
貪(欲)、瞋(怒)、痴(無知)が根源となる煩悩らしいんですけど、結局、欲、欲、欲のような気がします。

で、煩悩ガールズだそうで、訳が分かりません。
何がやりたいんでしょう。
108の煩悩を一つ一つ説明でもしてくれるのでしょうか?
もの凄く立消え感の漂うユニットですな。
4ヶ月限定だそうですけど、4ヶ月も保てるのでしょうか。
面白そうなのは4人のAV女優と4人のニューハーフが混ざってる部分だけじゃないですか。

また、煩悩即菩提という言葉もあります。
自分としては、こっちの言葉の意味の方がしっくりきますね。
人間の行動なんて。
20050913005507.jpg

PageTop

ペコ窃盗

盗んででも欲しい物を手に入れるなんて分別の無い大人ですな。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050908k0000m040083000c.html

まぁ、その結果7年も反省をしなければいけなくなるんですけど。
7年という懲役刑も驚きですけど、もっと驚くのがペコちゃん人形を買おうとする人がいる事です。
売れるから、この人達も危険を犯してまで盗んでるんでしょうから。
ペコちゃん人形って不二家の店頭に置いてあるアレですよね。
結構でかいじゃないですか。
あんなのどこに置こうっていうんですか?
買っても邪魔になるだけじゃないの?
小さい食玩も本棚のところとか、PCの上とかにほっとくだけで、あっという間に埃だらけになってしまうんですから。
ペコちゃん人形用のディスプレイ用ケースとか自作するんですかね。
まぁ、どっちにしろ邪魔でしょうな。
家がめちゃくちゃ広いとかじゃないと無理ですよ。

とか言ってるけど、良く考えたら、自分もでかいエイリアンのフィギア欲しいです。
金持ちになったらでかいエイリアンフィギア買うんだ。
絶対買う。
エイリアンのフィギアなら番犬になる!!
20050910232634.jpg

PageTop

助けるという心

窮地に追いたてられた人を助けるという行為には宗教を超えたものが存在したという事ですね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050904k0000e030013000c.html

色々な所で宗教という信仰対象を争い、宗教という名で戦争が行なわれ人が殺されています。
その中で、自分の宗教という枠を超えて死に直面した人を助けるなんて、とても凄いことだと思います。
人という生物の本性について性悪説、性善説と分かれていますが、人には、この様な自己犠牲を伴ってまで人を助けるという部分があるのですから人間は性善の性質を持っていて、環境というものが人を悪にも傾けてしまうんだと思いたいです。
で、自分がよく思う事は、宗教は善をもたらすものなのか、悪をもたらすものなのか、神という存在は人を惑わしているだけなんじゃないのかという事があるんです。
自分の信仰とは異なるものを認めない、排除する。
この様な考えが、宗教にはもたらされる危険性があるんだと思うんですけど。
20050907235819.jpg

PageTop

リッチな小学生 

今時のリッチな小学生は毎日昼飯にホテルの飯が食えるって事ですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050831-00000030-kyt-l26

オイオイどうなってるんですか?
今の小学生の昼飯事情って…羨まし過ぎる!!
それにしても凄いですよねぇ。
有り得ないよ、昼飯はホテルのシェフが作っり、鞄はブランド品でGPS完備(これは寄り道出来なくなりそうで嫌だけど、いつ覗かれているか分からないのは怖い。)プールは水位が可動式ときたもんだ。
サービスで中央が割れてマジンガーとか出てこないのか?

自分の小学生の時を思い出して見てくださいよ。
昼飯はカレーを奪い合う様に盛り、やってる事は早食い競争。
揚げパンが出るだけで大はしゃぎ、ミルメークでコーヒー牛乳作って大満足。
鞄は踏み台にされ革がヘナヘナ、あっという間に擦り傷だらけ。
プールは塩素に支配されていて、塗装の剥げたコース表示。
でも、こんな小学校で充分だった気がする。
小学生が学ぶ事って何なんだろう。
テーブルマナー?
寄り道しないで帰りなさい?
足が着かないプールで泳がない事?
社会的格差?
私も良いセイカツが送りたいです。
20050905014212.jpg

PageTop

ジャックの正体

ジャック・ザ・リッパーの正体を巡って面白い事が色々と起きているみたいです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050828k0000e040004000c.html

切り裂きジャックは有名な連続殺人犯ですよね。
1988年にロンドンで娼婦を狙って殺人を繰り返した犯人であるとされています。
犯人が捕まらずに事件が迷宮入りしたため、ミステリー小説家の格好の題材として取り上げられることが多いようです。
パトリシア・コーンウェルさんもミステリー小説家で検視官シリーズが有名でしょう。
自分も何冊か読みました。
元々この方自身が医者?だか、検視官?の資格を持っていてるため大変リアルな描写らしいですが、検視だの、医者だのの知識を持っていない自分にはあまり関係のないことでした。(そんな物の知識が無くてもミステリー小説として面白いので問題ないって事です。)
それにしても、6億以上もの資金を投じて過去の殺人犯の正体を解明しようという意気込みが凄いです。
真実かどうかは別として、どの様な調査をして犯人の断定にいたったのか、これにはとても興味があります。
TVで特集でも組まれませんかね。
20050903234452.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。