ぬんの4コマ

てきと~風刺4コマ漫画+イラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏の夜に

ホラー映画なんていかがですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000013-oric-ent

夏と言えば、暑い。
暑いと言えば、涼しくなりたい。
涼しくなりたいなら、ホラー映画なんてどうですか?
っていう事で、ジャパニーズホラー映画のトップ10だそうです。
ホラー映画は一時期、リングだの、パラサイトイブだのの影響でブームが起きていたので、わりと見た方も多いんじゃないでしょうか。
一概にホラーといっても色々と細かくジャンルを別ける事が出来るでしょう。
スプラッター系、オカルト系、サスペンス系、ミステリー系、モンスター系、サイコ系、等々。
日本のホラー映画の中心は…
どれかと言えば、オカルト系が多い感じですね。
精神的な文化を重んじる日本の特徴が出ている気がします。
日本のホラー映画はじめじめとした感じが特徴的ですよね。
一人また一人とじわじわいなくなっていく。
それと相手が完全に実体がなくて人間側がどうしようもないのも、日本的だと思います。
海外物だとやられる方も最終的にはかなり対抗して、やっつけたりしますからね。w
ジャンルもスプラッター系、ミステリー系、モンスター系、サイコ系、とバランスよく?ある気がします。

で、自分がトップ10の中でこれはお勧めだな~と思うのは…
黒い家と稲川淳二シリーズと呪怨シリーズですね。
黒い家は怖いです。
凄く狂気性を感じるんですよ。
自分にとってお化けがどうのこうのってのよりよっぽど恐ろしいです。
稲川淳二シリーズはやっぱり怪談の大御所って感じですね。
あの語り方には本当に引き込まれます。
話が怖いんじゃなくて、稲川淳二の顔が怖かったり。w
呪怨シリーズは、とても日本的なホラーな感じです。
お化けに対しては何しても無駄~って感じで、非常に理不尽。
理不尽さに不快感さえ覚えますので、ありっちゃありです。w
あと、ランキングには入っていないのですが、帝都物語。
ホラー?と言うよりSFなのかな…SF色の方が強いですが、小さい時見て結構怖かった覚えがあるんですよね。
加藤が。wつーかベガが。w

海外物で良いのは~
サイコとか、キャリーとか、エクソシストとか、ポルターガイストとか、やっぱり有名どころは面白いです。
海外物は死のシーンをショッキングにする事で恐怖感を与える傾向が強いので、一過性で恐怖感が持続しないのが特徴のような気もします。
海外ホラーと日本ホラーを見比べてみるのも面白いかもしれません。
恐怖に対する精神性の違いが感じられると思います。

050626_1414~001.jpg


で、今回は趣向を変えて
心霊写真?w
見たくない人もいるでしょうから、サムネイルで。
元の画像が携帯で撮った物なので、小さくてたいして変わらないと思いますが。
心霊写真特集によくある顔があるんじゃね?ってやつです。w
2・3年前ぐらいに弟が旅行先で撮ってきました。
何でこんな何にも無いところを撮ったのか訊ねたら、「何となく」だそうです。
何となく。
何かを感じ取ったのでしょうかね~

で、不思議に思うのが、よく心霊写真特集とかで、写真は燃やして供養しますって言いますが、デジタルデータはどうするの?w
いくらでも複製出来てしまいます。
もし、複製されたデータ全てにお化けの方も対応しなくてはならなかったら、とてもご苦労な事ですね。w
ちょっと可哀想なくらいです。
文明の発達はこんなところまで影響が出てきている?!

スポンサーサイト

PageTop

ソリッドスリラー

さぁ、ゲームを始めよう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061009-00000030-nks-ent

まだ見た事がない人は、一度見る事をお勧めする映画「SAW」です。
1は10点なら2は8点ってところですが、両方とも見る価値は十分にあるでしょう。
ただ、ミステリー、サスペンスが苦手な人、又は人が窮地に立たされて理不尽な選択を迫られる状況が嫌いな人は見ない方が良いかもしれません。w(あと物凄く心臓が弱い人とか、めちゃくちゃ善人とか)
さて、記事のように公開さえも危ぶまれている3ですが…
どのような形で放映される事になるのか…
15?18?公開停止?!
気になります。
ただ、やはり日本用だからオリジナルから凄惨なシーンを削ってあるとかはして欲しくないです。
オリジナルそのままで、胃がキリキリするぐらいの迫力がある物を見たい!というのがファン心理でしょう。
まぁ、DVDが出たら特典として未公開シーンなども含まれるから、そこで見ろって言われたら…そこで見ますが。w

しかし、問題点として残るのは若年層への影響なんですね~

しっかりとしたレーティングを望みますが…

play.jpg

PageTop

怪奇現象?

映り込んでいたじゃなくて、声とは…

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/news/20060919spn00m200008000c.html

ただ1回だけですか~
その部分に何度も入っている様に聞こえると言うなら、確認してみたくもなるのですが…
お化けの声が入ったと言われるものは歌とかありましたね。
何とかさんが歌っている万華鏡?だったかな?にあ~だか、う~だか言う声が紛れ込んでいるとか、他にも色々とありますよね。
久しぶりにこの様な話題を聞きました。
映画だと、霊の姿?が写り込んでいると言われるものも多いです。
ベイビートークとか、サスペリアなんかが有名かな?

1回だけだということなので、お客の中にお坊さんがいたのではないのでしょうか?
日課のお経を唱えていたとか。w
自分の映画館でのちょっと面白経験は、パッション(キリストの磔を描いてある作品)に本物の修道女?さん達が見に来ていたのがちょっとつぼに入った経験があります。w
修道女の格好(ゲームのギルティギアのブリジットのような格好)でキリストが題材の映画を見ているとは~と感心してしまいました。

20060926003151.jpg


記事とは全然関係ないですけど、どうやら1万ヒットを無事?迎えたようです。
書き込みが無いんで、誰が取ってくれたんだか、分からないんですけど…
9999の人でも良いや、切り番とってくれた人はコメント下さい。w
次は~11111並び?

PageTop

666は悪魔の数字

悪魔が現れた。

http://event.entertainment.msn.co.jp/eigacom/buzz/060608/default.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060608-00000011-jij-soci

666の数字が並ぶとオーメンの事を思い出します。
今回リメイクと言う事ですけど、結構出来が良いみたいです。
シナリオ的にはまったくいじられていない様ですが、現代の映像技術で甦ったダミアンを見てみたいです。
オーメンは3まで(正確には4まで)製作されているけど、リメイクはどこまでやるのでしょう。
今年はホラー映画が結構上映されるみたいなので、時間が取れたら見に行きたいものが多いです。
オーメン、ブギーマン、インプリントは見たいな~
ホラー映画のほかにも、ダヴィンチコード、ゲド戦記、デスノート(ちょっと微妙だけど)も見たいし、沢山あって困ります。

話を戻して、悪魔の数字。
どうして666が悪魔の数字なのかは知りませんが、この数字を信仰している人は現実に存在するみたいです。
ニュースソースは見つけられませんでしたが、6月6日にコロンビアで一家6人が殺害されたらしいです。
どうやら悪魔崇拝者の関与の可能性があるらしですが…
本当ですかね。
悪魔の数字。

20060613004133.jpg

全然関係ないけど、Wカップ初戦。
日本負けたね。
ボロ負け。
どうなのよ。
サッカーは良く分らないんだけどさ。
愚痴でした。

PageTop

ダヴィンチ・影響

ダヴィンチ・コード公開で色々な騒ぎが起きてます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060518-00000089-kyodo-bus_all
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060518k0000m040019000c.html

ダヴィンチコードの影響力強いですね~
キリストに子孫がいるだの、殺人する様な秘密結社があるだの信じてしまう人がいるんですね。
まぁ、それだけダヴィンチコードが虚構と現実を良く混ぜてある小説であったという事なんでしょうけど、あくまでフィクションですよね?
人はそれだけ、秘密というものに憧れを感じているという事ですかね。
これだけの影響力があるとなると教会側もびっくりしてしまうんでしょう。
まぁ、日本人に宗教的な教義はあまり意味を持たない気もしますから、あくまで海外の反応という感じですが。
ただ、ソニー製品不買運動とかわけわからない行動されると困ります。
映画供給会社とその物語を作った事とは別なんじゃないのかと思ってしまいますよ。
映画見ない運動とかの方がまだ解かる。
これだけ煽られると逆に見たくなってしまいます。
レオナルド・ダヴィンチが絵画に隠したメッセージがあると信じるように、この小説にも隠されたメッセージがあるという感じがしてしまいます。(隠してないか、どうどうと教会は嘘吐きだって言ってるもんナ。w)

小説は面白かったですけど、映画となるとどうなるのでしょう…
内容的には盛り沢山タイプで、謎やら場面がコロコロ変わるし。
学術的な内容も多いし。
見に行こうか、やめるか迷いますね。
TVもレオナルド・ダヴィンチ特集が盛り沢山だし。
話題性は抜群です。

20060521011045.jpg


ダヴィンチコードに関係ないですけど、キリストつながりで。

キリストが神かどうかなんてどうでも良いんですけど、映画パッションを見ると、死んでから生き返ったんだろうが、実は死んでなかったんだろうが、あんな拷問に耐えたんだったらどっちでも良くなります。
そう思えるぐらい痛そう…
自分なら途中で死んでます!!って言うか謝ります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。